Trainersblog

2020.10.10

サプリメント〜第二弾〜

こんにちは

 

HARUNAです!

今回は前回の続きで、サプリメントについてご紹介します!

メインは、パフォーマンス発揮をサポートするサプリメントについて確認していきましょう!!

もう一度サプリメントについて知りたい方は、このブログも読んでくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

サプリメントについて

 

トレーニングをする時や筋肉痛を予防したい時、脂肪燃焼を促したい時に使うサプリメントをご紹介します!

 

アミノ酸

 

アミノ酸とは、たんぱく質を構成する最小単位のもので、約20種類のアミノ酸からたんぱく質は構成されています。

サプリメントとして使用されるアミノ酸の特徴としては、プロテインよりも分子量が小さいので、消化吸収が早くその分体感もしやすいです。

目的別に使用されるケースが多く、パフォーマンスアップや急速な疲労回復などに効果を発揮します。

 

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)

アミノ酸といえば、BCAAが有名です.

筋肉を作っている必須アミノ酸の中で、約35%を占める非常に重要なアミノ酸です。

筋肉で直接代謝されるため、運動時の筋肉にダイレクトに働きます。

筋肉の合成を促す、筋持久力のアップ、集中力アップなどの働きがあるため、運動前にあらかじめ摂っておくとパフォーマンスアップにつながります。

どの競技にも適していますが、特にスピードが重要なトレーニング、最後まで高い集中力を維持したい時にオススメです!

飲むタイミング

BCAAはアミノ酸なので経口摂取から効果が生じるまで30〜45分の時間を要します。また、BCAAは2000mg以上で効果が生じ、摂取量を増やすと4000mgまで効果が増大すると言われています。

BCAAの血中濃度が半分になるのにかかる時間は120分(2時間)になります。

つまり、長時間連続して運動する場合はBCAAの継続的摂取が必要です。

具体的には運動30分前に2000mg摂取し、1時間あたり2000mg摂取すると良いと言われています。

 

副作用

基本的に副作用はありません!

安全性は高いと言われています。

 

EAA

EAAとは必須アミノ酸の総称で、全部で9種類(ロイシン、バリン・フェニルアラニン・トリプトファン・イソロイシン・ヒスチジン・リジン・スレオニン・メチオニン)あります。EAAサプリには、これらの必須アミノ酸が配合されています。

必須アミノ酸は筋肉の合成には役に立ちます。

摂取量と副作用

EAA」の効果を得るためには10g~15gの摂取するのが望ましいと言われています。 ただし気をつけなければいけないのが「EAA」を一気に摂取してしまうと下痢を引き起こしてしまうかもしれません。 ですので「EAA」を摂取するときには少しずつ摂取することをおすすめします。

 

HMB

必須アミノ酸の1つであるロイシンから体内で合成される成分であり、もともと体内に存在するものです。

HMBを必要量作るためには食事だけでは間に合わないと言われています。

食事から摂取したロイシンは約5%しかHMBに変換されません。

1gのHMBを作るには20gのロイシンが必要なのです。

食事で補うということは現実的ではないので、サプリメントでの摂取が望ましいです。HMBは、筋肉分解の抑制、筋肉合成、筋肥大の効果が期待されウェイトトレーニングにとても重要な働きをする成分です。筋力アップや筋肥大を目指す方にお勧めです。

いかがでしたか?

私は、全て試したことがあります。

人によってはそのサプリメントが身体に合わない場合もあります!

ご自身で試していただいて効果的なTRAINING LIFEを送りましょう!

 

以上HARUNAでした

LINE

LINE

Web

予約

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

ご予約する店舗を選択してください。
店舗ごとの予約ページに移ります。