Trainersblog

2020.10.16

【ジムいきたくない病】やる気が出ない時ありませんか?

こんにちは!
TAKAです。

トレーニングって終わると最高の達成感ですが、行く前が辛い時ってありますよね・・・。

今回はそんなときにどうするかを僕自身の経験を踏まえてお伝えしていきます。

 

1,なりたい体を具体的にイメージする

まずはこれ!といったところですかね!
なりたいスタイルを目指して筋トレをしているのであれば、目標とするスタイルの人物写真や動画を見ることでも、モチベーションアップにつながります。

あとは、トレーニング前に憧れの人の身体やトレーニングしている動画をみてモチベーションをアップさせるのもポイントです。

ちなみに私はK-1ファイターの魔娑斗選手が憧れでしたので、ほぼ毎日イメージしながらトレーニングや、格闘技の練習に活かしてました。笑

そうすることにより、「こうなりたい!」と強く心から思えるようになり、気持ちが途切れなくなります。

 

2,”手を抜く”ただし、継続する

身体に疲労がたまっているとき、ジムに行きたいくないときありませんか?

そういったときは、無理をせずに”手を抜きます。”

いやだなぁ。。。と思いながらも「いきたくない」と言いながらでも大丈夫です。

僕自身もボクシングの練習がきつすぎて「いきたくないいきたくない・・・」とブツブツ言いながら準備してボクシングの練習にいくこともありました。笑

とにかくジムにいきます。

無理して追い込むだけがトレーニングではないです。

積み重ねがとても大切ですので、無理をせずに継続することにフォーカスしてみましょう。

実際にジムにいくと意外と活力がわいてきたりします^^

 

3,自分の身体を視覚と数字でチェックする

例えば、週に1回体重や筋肉量などを測り、記録していきます。

数値的に目標をつくると、やる気も出やすいです。

ただし!数字だけにこだわると、せっかく変わっているお身体も見逃しやすいですので注意が必要です。

トレーニングを始めるときの写真をとっておくのもいいでしょう!

少しずつの身体の変化を見逃さないように、毎日鏡をみてお身体のチェックをしてみてください。

ここをこうしたい!などの欲が出てくればトレーニングへのモチベーションにも繋がりますよ^^

 

〜まとめ〜

・理想の身体をイメージする

・手を抜いてでも継続する

・自分の身体を視覚と数字でチェックする

 

「手を抜く」のも継続させるテクニックの一つなんです。

本当に調子が悪ければ休んでもかまいません。ただ、なるべくご自身のトレーニング頻度を守るように身体の変化を楽しんでいきましょう!

身体に関する悩みなどございましたらなんでもご相談ください。

トレーニングを習慣化させ、日々の充実感、達成感、幸福感、自信などにもつなげていただけましたら何よりです。

 

トレーニングボックス

NSCA認定パーソナルトレーナー

TAKA

 

LINE

LINE

Web

予約

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

ご予約する店舗を選択してください。
店舗ごとの予約ページに移ります。