Trainersblog

2020.10.21

効率よくエネルギー消費量をup!!

皆さんこんにちは!

本日担当のHITOMIです!

先週は台風の影響でお天気が悪い日が続きましたが、秋晴れはやはり気持ちがいいですね!

そろそろ紅葉の季節にもなりますので景色を見ながら出勤するのも楽しみの一つです🍁✨

 

本日のテーマは単関節運動多関節運動についてお話しします!

筋力トレーニングには様々な種目がありますが大きく分けて、単関節運動と多関節運動の2種類に大別されます。

単関節運動とは一つだけの関節が関与した運動で、多関節運動とは二つ以上の複数の関節が関与するエクササイズのことを指します。

 

単関節運動

ex.アームカール(肘の関節だけ曲げ伸ばしする動き)

 

多関節運動

ex.スクワット(しゃがんだり、立ち上がったりする動作の中に股関節、膝関節、足関節の3つの関節を曲げ伸ばしする動き)

 

 

 

ここで重要なことは、

多関節運動の場合、複数の関節にまたがって多くの筋肉が使われる分、単関節運動に比べてエネルギー消費量が高くなることです!

多関節種目の代表的なスクワットは、さらに身体の中で一番大きな筋肉であるお尻(大殿筋)や太ももの前面(大腿四頭筋)、後面(ハムストリングス)、背筋等を使うエクササイズなので、身体を作る上でもエネルギー消費(身体活動量を増やす)の面でも非常に有効なエクササイズといえます!

 

主要筋肉の大きさランキング

1位・・・大腿四頭筋(4つの筋肉の総称)

2位・・・大臀筋(単体だと一番大きい筋肉)

3位・・・内転筋群

4位・・・ハムストリング

5位・・・三角筋

6位・・・大胸筋

 

このランキングを見ると下半身の筋肉が多いことがわかります👀✨

スクワットがダイエットに効果的と言われるのはこのような理由があるからです!

 

また、トレーニングの優先順としては、大筋群が関与する多関節運動の方が、体が疲れていない状態(集中力が高い)で正しいフォームが維持できれば、効率よくエネルギー消費量も高めることができます!

ですがトレーニング初心者やフォームがまだ安定しない方は、多関節運動が難しく感じるかと思います。

誰しも最初から完璧なフォームでトレーニング出来る人はいません。何度も何度も繰り返し反復練習をすることが大切です。トレーニングボックスでは、一人一人のフォームや動作のチェックも含めて丁寧にサポートしますのでご安心ください!✨

 

今年もあと2ヶ月ちょっと。

年内にトレーニングを始めたい方、達成したい目標がある方!

心身ともに鍛えてラストスパート、突っ走りましょう🔥🔥

🌴トレーニングボックス🌴

HITOMI

 

LINE

LINE

Web

予約

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

ご予約する店舗を選択してください。
店舗ごとの予約ページに移ります。