Trainersblog

2020.10.31

冬のランニングの注意点!!〜恵比寿・代官山でランニングするためにはパート1〜

こんにちは

 

HARUNAです!

 

寒くなってきましたね!!

 

冬といえばHARUNAは冬季練習を思い出します!!

 

冬季練習とは、夏の大会に向けて練習を積む期間です!

この時期に頑張るかどうかで、夏の結果が変わるぐらい大切にしていました!

特に、HARUNAが大切にしていたのが、走り込みでした!

そんなHARUNAがオススメする

ランニングについてお伝えします!

冬のランニングの注意点!!

冬のランニンングで注意しなければいけない点は二つあります!

筋肉を痛めないためのストレッチと呼吸です!!

今回は、ストレッチについてお話しします!

 

ストレッチ

「走る前にも後にもストレッチング」とよく言われますが、ではストレッチングって具体的にはどんな効果があるかご紹介します。

ランニング前や後には、ストレッチが大事になります!!

その理由としては、脚がつりやすくなってしまったり、肉離れにつながってしまったり、足首が不安定になってしまい捻挫をしやすくなります!

 

ストレッチの効果とは

ストレッチには、身体の柔軟性を向上させる効果と、筋肉の血流量を増加させる働きがあります。

筋肉を伸ばすには、反動をつけた柔軟体操より、ゆっくりと伸ばすストレッチの方が効果的です。筋肉をじんわり伸ばしてやると、筋肉の血流量が増加します。

ウォーミングアップとして走る前に行えば、筋肉が伸びて関節の領域が広がるため、高いパフォーマンスが可能になるうえ、故障防止にもなります。

また、筋肉の血流量を増加させておけば、それだけ早く激しい運動を始めることができます。

運動後は筋肉が収縮傾向にあるので、血流が低下しています。そこでストレッチを行うと、筋肉内の血流量が増え、たまっている疲労物質を素早く除去することができます。

そのため、ストレッチはランナーにとって必要なのです。ストレッチを行ううえで大切なのは、伸ばしている筋肉に「伸びている」と意識を集中することです。

やり過ぎては逆に筋肉を痛めてしまいます。

 

ストレッチで行ったほうがいい部位

  • アキレス腱
    後ろ足を少し曲げる感じで。かかとはつける。反動はつけず、その部分を意識してじっくりと伸ばします。
  • 太もも前部
    片ひざずつ曲げて、身体をゆっくり後ろに倒します。(ごめんなさい!写真はありません)
  • 背中・腰・太もも
    脚を開いてすわり、上体を前に倒す。脚を前後に開いて、大腿部前面、後面が伸ばされているのを意識します。仰向けになって、脚を頭の後ろにもってきます。

まとめ

 

ランニングの時には、特に冬は水分を良く摂り足をつらないように予防することが大切です。

また、身体が冷えない工夫も必要になります。

そのためにはストレッチが欠かせません!

無理せず走れる速度で行いましょう!

 

以上HARUNAでした!

 

トレーニングボックス

健康運動指導士

HARUNA

 

 

LINE

LINE

Web

予約

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

ご予約する店舗を選択してください。
店舗ごとの予約ページに移ります。