Trainersblog

2020.11.20

下半身強化の秘訣!〜綺麗な脚づくり〜

こんにちは

トレーニングボックスの甘えん坊🤗HARUNAです!

(今回はトレーニングボックスのパパであるMASAYAと、トレーニングボックスのママであるHITOMIとの写真です!)

今回、ご紹介するのは下半身である、脚(あし)周りを綺麗に見せるための筋力トレーニングについてです!

下半身は人間の身体の中で使われる筋肉が多いと言われています。

そんな筋肉を鍛えて、消費カロリーをアップし、美しいお身体を手に入れてみませんか?

下半身の筋肉

下半身とは、解剖学的には下肢と言われます。

お尻の近くにある鼠径靭帯と呼ばれる場所から、足の趾(指・足趾)までのことです!

下肢は、大腿(太もも)、下腿(ふくらはぎ)、足に分けられます!!

では、どうやって鍛えるといいでしょうか?

下肢、全部を鍛えられるトレーニングがあります!!

では、ご紹介します!

ブルガリアンスクワットで下半身を総合的に鍛え上げる

ブルガリアンスクワットは、下半身の筋肉を総合的に鍛えるトレーニングです。

ブルガリアンスクワットは片足ずつ行うトレーニングのため、通常のスクワットよりも一つの部位に集中して鍛えられます。

ジムではもちろん自宅でも簡単にトレーニング可能で、筋トレ初心者でも問題なく進められるトレーニングです。

ブルガリアンスクワットにより、効果的に筋トレを進めていきましょう!

ブルガリアンスクワットで鍛えられる筋肉

●大腿四頭筋

大腿四頭筋は中間広筋、内側広筋、外側広筋、大腿直筋からなる複合筋です。ひざ関節を曲げ伸ばししたり、股関節を屈折させたりする働きを持っています。

日常生活やスポーツでは欠かせない筋肉です。

立ち上がったり、歩いたりするとき、ランニングしたりジャンプをするときに使っている筋肉です。

この筋肉はかなり大きい筋肉であり、複合筋の中では人体で最も大きい筋肉です。

●大臀筋

大臀筋はお尻にある大きな筋肉のことです。

大臀筋を鍛え上げることで、女性ならばヒップアップを狙うことができます。

この大臀筋は単一の筋肉としては、人体の筋肉の中で最も大きい筋肉です。

●ハムストリングス

ハムストリングスとは、大腿二頭筋、半腱様筋、半模様筋のことであり太ももの内側の筋肉のことを指します。

この筋肉もひざ関節の曲げ伸ばしや股関節の屈折などに関わる筋肉で、ダッシュするときなどに重要になってきます。

ブルガリアンスクワットのやり方

1 : フラットベンチ・椅子など足を乗せられるものを用意します。
2 : ベンチに背を向け、その上に足を乗せます。背中は真っ直ぐに、足はつま先が乗る程度に伸ばします。
3 : ベンチに乗っていない足を前へ出して軽くゆるめましょう。
4 : ここからゆっくりと足を曲げていき、太ももが地面と水平になるまで曲げたらゆっくり戻します。
5 : 1セット10回を目安に進め、1セット終えたら逆足に移りましょう。
6 : これを3セットこなします。

まとめ

いかがでしたか?

Training Boxxでは下半身、上半身、その筋肉に特化したメニューが多いです!

下半身は人間が進化のために鍛えてきた部位です。

その筋肉を鍛えて綺麗になりましょう!

LINE

LINE

Web

予約

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

ご予約する店舗を選択してください。
店舗ごとの予約ページに移ります。