Trainersblog

2020.12.07

ランニング愛好家必読!パフォーマンスアップ法!

こんにちは

HARUNAです!

寒くなってきましたね!

今回はランニングについてご紹介します!

自分がやってきたランニングトレーニングを見てみましょう!

ランニングとジョギングの違い

●ランニングとは

ランニングは、マラソン大会などの競技への出場を目的としているため、アスリートなども行う本格的なトレーニングです。

●運動強度…息が弾んだり息切れしたりするペースで走るため、負担も大きいと言われています。
●心拍数…1分あたりの心拍数は、最大心拍数(※)の65~80%が理想とされており、呼吸も速めになります。

※最大心拍数…拍動が最も速くなった場合の限界値的な心拍数です。年齢によって異なり、年齢が高くなるほど低くなる。最大心拍数の計算方法はさまざまあるが、一般成人の推定最大心拍数は「220-年齢」程度といわれている。

●ジョギングとは

ジョギングは、健康づくりや運動前後のウォーミングアップクールダウンを目的として行う運動です。

●運動強度…人と会話しながらでも走り続けられるペースを保ちます。
●心拍数…1分あたりの心拍数は最大心拍数の40~60%が理想。走っていても人と話す余裕があり、心地良さを感じるため負荷も軽めです。

初心者にオススメなランニングトレーニング

LSD(ロングスローディスタンス)

このトレーニングのねらいは、長い距離をゆっくり走ることによって、全身の持久力を高めることにあります。

長い距離を走るには、速く走っていては続きません。

1km7分くらいのゆっくりしたスピード(ジョギング)で、できれば1時間以上(2~3時間でも)走り続けるトレーニングです。

心拍数で言うと、120~130拍/分以下のゆっくりしたスピードです。

例えば、友人とおしゃべりしながら走れるスピードと言えます。疲れを感じない強度、長時間のランニングを可能にします。

さらに、LSDはランニング効率を高めてくれます。心肺機能や持久力、筋力も向上させます。

アップダウンがある自然の中を走るため、走るリズムや呼吸のリズムを覚えます。無駄のない、リラックスした走り方が身につきます。

まとめ

いかがでしたか?

ランニングを始めやすい季節になりました!

ソーシャルディスタンスを心がけてランニングを始めてみませんか?

恵比寿のセミパーソナルジム | トレーニングボックス
【トレーナー】 HARUNA

【資格】
・健康運動指導士
・初級障害者スポーツ指導員
・ZUMBAインストラクターBASIC1
・ZUMBAインストラクターBASIC2
・日本スポーツ協会アスレティックトレーナー取得見込み
・NSCA CSCS取得見込み

★ 下記サイトにて紹介いただいております ★

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000503134/

https://gyym.jp/facilities/139

 

LINE

LINE

Web

予約

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

ご予約する店舗を選択してください。
店舗ごとの予約ページに移ります。