Trainersblog

2021.01.14

ダイエットしたい方必見!マイプレートとは?

こんにちは!

HARUNAです!

マイプレートってご存知ですか?

食事をする中で一番大事になるのが栄養素のバランスです!

バランスの良い食事をするためにはカロリー計算や運動による消費カロリー・栄養バランスの食事量が鍵となります!

それだけでは、身体のためのエネルギー源にはなりません!

今日は私が勉強している、NSCACSCS(ストレングス&コンディショニングのトレーナー)の中から、ご紹介します!

マイプレートとは?

「マイ・プレート」は、米国で1992年に発表された「食品ピラミッド」を発展させたものです。

「マイプレート」は、まん丸の「お皿」の絵を表示し、1枚の皿を4つに色分けしたデザインになっています。

含まれている栄養素ごとに食品を4つのグループに分け、皿に盛った食品を示すことで、バランスの良い食事が視覚的に理解できるようにしているものです。

マイプレートで紹介されている気をつけてもらいたい項目!

栄養バランスを改善するための10項目

  1. エネルギー・バランス
    適正な体重を維持するために、1日に必要な食事のエネルギー量を知っておくことが必要です。エネルギー摂取量(食事)とエネルギー消費量(身体活動)のバランスが乱れないようにしましょう。
  2. 食事を楽しくでも食べなすぎないように注意
    ゆっくりと時間をかけて食事をとりましょう。自分に必要な食事の量を知っておき、食前、食中、食後にチェックしましょう。
  3. お皿に料理を盛り付けすぎない
    食べすぎを防ぐために、お皿やボウル、コップは小さめのサイズのものを使い、食事の前に料理の盛り付けを工夫しましょう。
  4. 十分にとりたい食品
    野菜や果物、牛乳や乳製品を十分にとりましょう。カリウム、カルシウム、ビタミンD、食物繊維が豊富に含まれます。
  5. お皿の半分に野菜や果物をのせましょう
    お皿にトマト、イモ類、ブロッコリといった赤色やオレンジ色、緑色の緑黄色野菜や果物を添えましょう。
  6. 低脂肪・無脂肪の牛乳や乳製品に変えてみる
    低脂肪・無脂肪乳であれば、カルシウムなどの必須栄養素の量は同じでも、カロリーや飽和脂肪酸は少なくなります。
  7. 半分は全粒粉をとりましょう
    精製された小麦粉や白米をとる代りに、全粒粉や精白されていない玄米を増やしましょう。
  8. 減らしたい食品
    飽和脂肪酸、糖分、塩分が多く含まれる食品を減らしましょう。例えば、ソーセージやベーコン、ホットドッグといった肉類、ケーキやクッキー、アイスクリーム、キャンディーなどのお菓子、甘い清涼飲料、スナック類やピザなどの加工食品に多く含まれます。
  9. 食品の塩分量をチェック
    スープ、パン、冷凍食品などの加工食品は、栄養表示を見て塩分(ナトリウム)量の少ないものを選びましょう。
  10. 糖分の多い清涼飲料の代りに水を飲みましょう
    飲料水か糖分を加えていない飲料を選び、摂取エネルギー量をコントロールしましょう。炭酸飲料や清涼飲料、スポーツドリンクの多くは糖分を加えてあるので、注意が必要です

まとめ

いかがでしたか?

海外では、日本のように一汁三菜のようにわかりやすく分類されています!

お身体のためにも、忙しい生活の中で取り入れたいですね!

恵比寿・代官山にあるセミパーソナルジムトレーニングボックスでは、トレーニングの際に食事の相談も可能です!

ぜひ、ご相談ください!

恵比寿のセミパーソナルジム | トレーニングボックス
【トレーナー】 HARUNA

【資格】
・健康運動指導士
・初級障害者スポーツ指導員
・ZUMBAインストラクターBASIC1
・ZUMBAインストラクターBASIC2
・日本スポーツ協会アスレティックトレーナー取得見込み
・NSCA CSCS取得見込み

 

 

 

 

 

LINE

LINE

Web

予約

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

online reserve

ご予約する店舗を選択してください。
店舗ごとの予約ページに移ります。